えいごで Do!

sky plant logo

英語の教室・えいごでDo!

小1〜小6までの方に英語とart & craft、そしてお菓子作りで、自由な創造性・洞察力・科学的思考を育む活動をしています。小3の方からは、CLIL (内容言語統合型学習法)という学習法を取り入れており、英語と別教科を一緒に学習しています。(sky plant はCLILを2016年度から導入しています。)

少数制のクラスで、一人一人の生徒さんとじっ くり向き合うことを信条としています。

“言葉は社会の中で育まれるもの。”
— sky plant の英語レッスンはどのクラスでもこの信念が基盤になっています。

言葉は、その人の経験からひとつひとつ身についていくものです。創作や様々な活動の経験から英語の基盤を学んでもらうよう工夫しています。

*小1〜2年生向け*

小2までの通常レッスンでは、Oxford Reading Treeの “Biff, Chip & Kipper”を使い、アルファベットのフォニックス教授法を取り入れています。

フォニックスとは、アルファベットを”エイ・ビー・シー”ではなく、文字の音で読み方を教える方法です。音楽・アート・ゲーム等々で行います。楽しいだけでなく、全てに渡って細かいところまで子どもに寄り添い励ましてあげられます。

“Oxford Reading Tree”は、物語を体現でき、英語圏の生活習慣・文化を自然に学べる優れた教材です。イギリスの教科書にもなっています。

*sky plantは [英語による指示で ] ゲームやお話し作りも重視しています。

*小3〜6年生向け*

知的好奇心が増す3年生からは、CLIL(Content and Language Integrated Learning): 内容言語統合学習)を取り入れています。要するに、英語は英語だけでなく、他の教科と英語を一緒に学んでいきましょう!というものです。

テキストは基本的に科学読み物と英語が一緒になった” Oxford Read and Discover”を使用。
子ども向け読み物にも関わらず最新情報が載せてあり、大人でも勉強になります。読み書きにも慣れていきますが、科学的思考が育まれる優れた教材です。

**CLILについては記事として書きました。→ “CLILという最新の教授法、やっていきます”

また、English Literacy (読解力)を育むため、Scholasticの”Comprehension Skills”と”Reading Skills”も使用。お子さんの状況を見ながら、英語でゲームもしています。

**注意:小3〜で英語が初めてのクラスは、始めに”Oxford Reading Tree”を使います。


* Special Lesson では baking (お菓子作り)をどの年齢の方でも行っています。


* 2020年度・新生徒さん募集要項 *

+少人数制(1クラス3名程度)

#  今年度は木曜の以下のクラスのみ募集中です。入会状況によって日程が変わる場合もあります。ご了承ください。

  1. 新小3〜小4:木曜日 5:00 〜 6:00 pm(時間は相談に応じます)

+ 入会金 ¥5,000
+ 月料金 ¥6,500   [アクティヴィティにかかる費用は月料金の中に含まれています。]
+ 年間登録料 ¥4,000   [初年度は入会金のみ。次年度から年間登録料を毎年お願いしています。教室運営費の一部と傷害保険料の一部に充てさせていただいています。]
+ テキスト代   [別途実費 … 年間約2,000円〜3,000円程度でクラスによります。]

*sky plant のカレンダー*

<< ひと月4回、 60分/日の計算で、年48回分のレッスンです >>
が、sky plantのカレンダーは少し変わっています。

*小1〜小4までのクラス*
基本的にひと月3回(第1,2,3週)の通常レッスンがあり、4週目は調整分として通常は保留(お休み)してあります。保留してある月1回60分は2ヶ月分一緒にして120分Special Lessonとして年6回行います。

## Special Lesson のスケジュールはクラスごとの話し合いで、土曜日、祝日、夏休み、冬休み、春休みの中で調整します。主に通常レッスンの短時間でやれないアクティヴィティ(Baking含む)を毎回趣向を変えて行います。

< Route >

sky plant map
*田原市・福祉施設田原ゆの里さんのすぐ下、田原吉胡教会の近くです。
sky plant : 田原市吉胡台1−25

*お問い合わせは Nakai まで
(1) phone: 050-5832-1214
出られない時があります。その場合、お手数ですが留守電を入れていただくと助かります。なるべく早く折り返させていただきます。
(2) 《お問い合わせフォーム》をお使いください。お客さまが送信する情報はSSL暗号化通信を通じて送られます。

《お問い合わせフォーム》